前へ
次へ

鍼灸治療の内容と効果

鍼灸治療の鍼治療は、古代中国で鍼術という形で生まれた治療テクニックです。細い針を体に刺し、刺激することによって苦痛の軽減や血液の流れの良化などの効果効用を得るというやり方です。 数千年といった非常に長い古い歴史を持つものの、近頃まで、どういうわけで結果が期待できるかとでもいうべき医学的根拠ははっきりとしていませんでした。しかしながらここにきて鍼治療に向けてのいくつもの研究が進められ、効能のエビデンスがだんだん分かってきています。 鍼での刺激を利用することによって、神経や内分泌系それから、免疫系などにありとあらゆる作用が機能し、その結果体内血液の流れの促進や感染防御力の好転、内臓のコントロールなどの効き目が望めるようです。効き目があると推定されている病気としては、頭痛並びに片麻痺など神経関係のトラブル、関節症や関節リウマチといった運動系の障害、高血圧症など循環器系統の不具合などが挙げられます。 一方鍼灸治療の灸治療は、鍼治療と同様に古代中国で誕生したもので、北部地方で興ったとされています。一般的に言うともぐさと言われるものを皮膚に直接ないしは間接物を噛ませてセッティングして、燃やすことを通じて熱刺激をプラスして感染防御力の向上や新陳代謝の改良などの効能効果を得るというやり方です。 もぐさはヨモギの葉の絨毛を乾かして精製したものとなります。原材料のヨモギに利尿や解熱作用などのあるいろいろな薬効成分が一杯になっており、はるか古来より私達日本人はいくつもの用途に活用してきました。お灸の有効性はいまだシステムははっきりわかっていない部分が少なくありません。一方免疫に関する機能や代謝機能などに効果を発揮することは周知されています。そして、女性の人であれば冷え性や不妊症といった婦人科関係の疾病にも効果が期待できます。高齢者でも、身体の健康と長寿のための予防医学という形で灸治療を受ける方が少ないとは言えません。

最新設備で白内障治療を

五輪トレーナーの施術を受けられる病院

子どもの脳性麻痺に効く医療マッサージなら埼玉の治療院

久地駅の歯科クリニックといえばこちら!

藤枝市の時田はり・きゅう整骨院ではケガの治癒を促せる微弱電流治療を行っています

Page Top