前へ
次へ

鍼灸治療としてはまずは

鍼灸治療とは多くの場合、細い鍼を身体の特定部位の皮膚に刺すことによって、その部位を刺激して何かしらの効果を期待する、というものになります。これはなんといっても副作用がほぼないということが一つの魅力になっています。古くは中国の伝統医療であったわけですが日本に伝来してから、日本では独自の発展を遂げているといっても過言ではなく、鍼灸治療は日本ではかなり特殊になっています。肩のこりとか腰の痛みというものに対してとても効果があるとされているのが鍼灸治療であるわけですが具体的にどういうわけでそうなっているのかと言いますと経穴にアプローチします。体には経穴と呼ばれるツボがあり、そこを鍼で刺激することによって様々な効果があるというのが鍼灸治療の根本的な考え方になります。肩であれば肩をするということが多いのですが体の部分というのはあらゆるところにつながっているとされているので例えば目の痛みとか悪い状況を治すために足に鍼をするというようなこともあります。

Page Top