前へ
次へ

鍼灸治療院を開業するには経験が必要

肩こりや腰痛と言った悩みから、鍼灸院に通う人が多くなりました。街には「マッサージ院」や「整体院」更には「整骨院」など、各種の治療院がありますが、国家資格がないと開業出来ない職業もあります。国家資格には柔道整復師と鍼師、灸師があり、整体院やカイロプラクティック院などの開設には、これら資格を必要としない違いがあります。鍼師や灸師になるためには、大学か専門学校に入ることが必要です。これら養成学校を卒業することで初めて受験出来る資格を得ることが出来、その後国家試験に合格した人だけが名乗ることの出来る職業です。そのため誰もが、鍼師・灸師になれる訳ではありません。鍼灸治療に関しての知識とスキルを、しっかり身に付けなければならない職業となっています。しかし、資格を取ったからと言って簡単開業出来る訳ではありません。資格取得後は、鍼灸治療に対し経験を積むことが必要で、更にスキルアップさせ、接客を身につけることが必要になって来ます。

Page Top